So-net無料ブログ作成
検索選択
ラストホープ あらすじ 6話 ブログトップ

ラストホープ あらすじ 6話 [ラストホープ あらすじ 6話]

ドラマ「ラストホープ」の6話のあらすじの紹介をします。


嵐が歌うドラマの主題歌「Calling」は、3月6日にリリースされます。

楽天市場で「ラストホープ」の主題歌の予約受け付けをしているショップはこちら


では、6話のあらすじです。

波多野卓巳(相葉雅紀)達の高度先端医療センターに、天才写真家の

篠田登志雄(石黒賢)という患者がやって来ました。

篠田は脳腫瘍を患っていて、すでに複数の病院治療を断られていたのです。

脳外科を専門とする橘歩美(多部未華子)は、篠田と同じ症状の患者を過去に担当

したことがありましたが、助かった患者は一人もいませんでした。


診察を始めですぐに、卓巳は篠田の目の異常に気づきました。

篠田は、右目はすでに失明し、左目もほとんど視力がありませんでした。

また、目の治療の最中に脳腫瘍が見つかり、余命2か月と言われていたのです。

余命宣告からすでに一月が経過しており、歩美は脳腫瘍の完治は難しいとはっきりと

言いました。

卓巳は、それでも余命を伸ばすことは出来ると話しました。

すると篠田も素直に納得しました。

ところが、篠田は命よりも、目の治療を優先して欲しいと2人に頼んだのです。

助からないのなら、もう一度写真家に戻って、写真家として最期を迎えたいと篠田は

話しました。


篠田の治療についてのカンファレンスが始まりました。

脳の治療を優先して延命すべきか、篠田の希望通り目の治療をするべきか。

歩美は脳の手術を優先すべきと言いましたが、卓巳は脳の手術を優先することには

疑問を抱いていました。

すると、副島雅臣(北村有起哉)が篠田の視力を回復させる手段を提案しました。


5話では、視聴率が0.3%下がり、11.6%でした。


「ラストホープ」の6話の放送は、2月19日21時からです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ラストホープ あらすじ 6話 ブログトップ
Copyright © トレンド情報調査隊 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。