So-net無料ブログ作成
検索選択
とんび あらすじ 第3話 ブログトップ

とんび あらすじ 第3話 [とんび あらすじ 第3話]

TBSドラマ「とんび 」の第3話のあらすじを紹介します。

初回の平均視聴率が17.0%、第2話が16.1%で、1月から始まったドラマの中では、

視聴率がトップです。

原作の重松清氏の小説が、人気があるということもあると思います。



では、1月27日放送の第3話のあらすじです。

アキラ(福崎那由他)が11歳の5月、夕なぎで酒を飲むヤス(内野聖陽)は、

たえ子(麻生祐未)達から父親らしくキャッチボールぐらいやったらどうかと言われ

ましたが、照れてそのことを拒否しました。


そんな頃、会社の後輩の葛原(音尾琢真)から、アキラの小学校が選抜チームを作って

他校と野球の試合をすることになっていて、さらに、アキラが転校生にエースの座を

奪われてしまっていることを聞いて、練習に付き合おうとしますが、アキラがどこにも

いませんでした。


ヤスが必死で探していると、アキラは高校時代に野球部だった照雲(野村宏伸)と2人で

練習をしていました。


親子のように練習する2人の姿を見たヤスは、アキラが嬉しそうに上達したことを報告

しても、愛想の無い返事しか出来ませんでした。


このドラマにヤスの後輩の葛原を演じているのは、音尾琢真さんです。

音尾さんは、北海学園大学在学中に演劇研究会に所属しており、同じ演劇研究会

に所属していた、大泉洋さん達の所属する劇団TEAM-NACSに所属しています。

以前は劇団の舞台公演などを中心に活動していましたが、最近ではドラマや

映画にもかなり出演するようになっています。
とんび あらすじ 第3話 ブログトップ
Copyright © トレンド情報調査隊 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。