So-net無料ブログ作成

信長のシェフ 最終回 ネタバレ [信長のシェフ 最終回 ネタバレ]





テレビ朝日の「信長のシェフ」のネタバレの最終回のあらすじについて書いています。



ケン(玉森裕太)と瑤子(香椎由宇)は、帝の前で料理対決をすることとなりました。

対決の結果によって、織田信長(及川光博)、石山本願寺の顕如(市川猿之助)の

どちらか負けた方が相手の提示した条件を飲む、ということとなっており、ケンは

「自分が負けたら織田信長はここで死ぬのか?」と思いました。


瑤子と再会してしまったことも重なり、ケンは「自分はこの時代にいるべきじゃない。

この時代の人間ではない自分と瑤子が歴史を変えるようなことをしていいのか?」と

思っていました。


そんなケンの様子を察した信長は、「負けた時は、この信長がおぬしを斬る。」と

きっぱりと言いました。


さらに明智光秀(稲垣吾郎)は、戦国時代と四百年後を結ぶ道だという言い伝えのある

『黄泉の祠』についてケンに話しました。


月が半分に欠ける夜、つまり御前試合の日にその道は開き、それを逃すと次に開くのは

十年先になると光秀は言いました。


「御前試合などやめて、瑤子という女と『平成』に帰れ」と光秀はケンに言いました。

夏(志田未来)もまた、迷うケンの気持ちに気付き、「『平成』に帰りたいんだろ?」と

告げました。


やがて、将軍の足利義昭(正名僕蔵)から「御前試合は『菓子勝負』とする。」、との通達があり

ました。

試合に持ち込める材料は3つの竹筒に入るものだけということでした。

木下藤吉郎秀吉(ゴリ)から信長の決意を聞いたケンはこれまでの信長との日々を回顧しました。

迷いを捨て去ったケンは、夏、秀吉達の協力のもと、信長のために戦うことにしました。


そして迎えた御前試合の日に、タルトを準備したケンに思いがけない事態が

起こりました。


ケンは料理対決に勝利することはできるのか?

そしてケンは『平成』に帰ることはできるのか?


次回でもう最終回になってしまうのは残念です。

どのような結末を迎えるのか大変きになりますね。

この「信長のシェフ」が終わったら、4月から何が始まるんでしょうか?


「信長のシェフ」の最終回は、3月8日夜11時15分から始まります。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © トレンド情報調査隊 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。